2005年06月11日

優しいライオン

yasasiiraion.gif優しいライオン
JUK flavor words』のjukさんの詩『優しいライオン』に刺激を受けてデザインしたキャラ。
ライオンになる事を夢見る子猫のお話。
以前にもご紹介させてもらったのですが、このお話大好きなのです。

当初、もっとノーマルなネコのキャラをデザインしたのだけれど、せっかくのコラボレーションなので、自分なりのテイストを加えてアレンジしました。
おそるおそるメールで送ってみるとjukさんも喜んでくれたのでヨッシャて感じで(笑)jukさんいいヤツです。

後に優しいライオンと呼ばれし子猫。
その少年期 青年期 老年期、それぞれのストーリーを想像しつつ。

ボスになり
皆が、暴力に対して暴力で対抗しようとするたびに
「それじゃ、芸が無いだろう!」
というのが口癖。
常に敵も味方も楽しませようと第三の選択を模索・クリエイトする、素敵なネコ。
後に背負ってるのは、武器ではなく楽器です。
たまにはちょっとつぶれた声で歌ったり。トム・ウェイツみたいな感じで。
チェン・カイコー監督の映画『人生は琴の弦のように』に出てくる
三弦琴みたいな楽器も面白いかなとか思ってます。




閃きをカタチに
Blog Ranking
応援クリック感謝!



posted by 森海魚 at 09:43| Comment(4) | TrackBack(0) | キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
↑これいい〜〜〜!!
「それじゃ、芸が無いだろう!」
言いそう、この「優しいライオン」。ピッタリ!!歌声も聴こえてきそう。

仲宗根さんの絵本を子どもたちに読んであげる、そんな幸せな一時を思い描いてしまいました。
仲宗根さんのファンになります。
それからおじいちゃんのファンになってくださってありがとうございます(笑)

図書館のプレゼントもワクワクしますね。
Posted by のん at 2005年06月11日 12:06
のんさんコメントありがとう。
気に入ってもらえて嬉しいです。

絵本の読み聞かせいいですね。紙芝居とか。
あと人形劇とか。360度ぐるりと舞台があって、思いもよらないトコから、物語のキャラクターがバーって出てきたりして。楽しいことがどんどん増えていくといいなと思ってます。
Posted by 仲宗根 at 2005年06月12日 02:23
仲宗根さん、こんにちは。
↑いいですね〜。ワクワクしてしまいました。
紙芝居、人形劇、360度ぐるりと舞台があって・・・あ〜子どものキラキラした瞳が目に浮かびます!!何よりそんなのあったら私が見てみたいです(笑)
仲宗根さんの頭の中には楽しいことがたくさん詰まっているんですね!その頭の中もっと覗いてみたいです。
Posted by のん at 2005年06月12日 11:54
のんさん、ありがとー。

そこまで喜んでもらえるなんて嬉しいかぎりです。頭の中には変なものしか詰まってませんが、楽しんでもらえるなら、いくらでも覗いてやってください。鍵かかってませんので、スグにフタあきます(笑)

これからもよろしくです。おじいちゃんにもヨロシク。
Posted by 仲宗根 at 2005年06月13日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。