2005年08月09日

ライオンごっこ

子猫の絵を描きながら
色んなお喋りをする。
自分の小さかった頃を思いだしながら
子猫の話に耳を傾ける。

でも微妙なトコで話が噛み合わない
上手く子猫の気持ちを絵に乗せる事が出来ない

何故だろ?

しばらく子猫とお喋りをしていて
ふと気が付いた。

物知り顔で
子供の話に耳を傾けてあげている
大人ぶった自分がいる。

話が噛み合うわけがない。

そういえばココ最近
「忙しい忙しい」が口癖になっている。
家に篭って仕事ばかりしている
心がギュウギュウ詰めになってて
窮屈な大人になってる

ゴメンよ子猫
外に出て遊ぶか!

庭の土に水をイッパイ含ませてドロンコ遊びをした
足の裏に付いた土の分だけ大きくなった

葉っぱでライオンのお面を作った
ライオンの目を通して見た世界は
なんだか違って見えた

海辺の砂浜でライオンの大きな足跡をつくった
のしのし歩き回ると強くなった気がした

縄張りを主張する為に木に立ちションした
あらら・・それはライオンじゃなくて犬・・・(笑)

太陽の光を身体イッパイにあびながら
子猫と一緒にライオンごっこ

子猫の気持ちが伝わってくる
ドキドキワクワク
何処までも自由な心

サンキュウ子猫

君ならきっと
優しいライオンになれるよ





子供の頃の夢覚えてますか?
  ↓♪↓
閃きをカタチに
Blog Ranking
応援クリック感謝!


posted by 森海魚 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | キャラデザについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5742172

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。